SSブログ
前の10件 | -

ビルとテッドの大冒険 [映画]

5月16日(月)
スティーヴン・へレク監督『ビルとテッドの大冒険』(1989年)WOWOWで鑑賞。

ビルとテッドの大冒険 [Blu-ray]

ビルとテッドの大冒険 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2018/08/24
  • メディア: Blu-ray


アメリカ、カリフォルニア。
ビル・プレストン(アレックス・ウィンター)とセオドア "テッド"・ローガン(キアヌ・リーブス)は高校生で、「ワイルド・スタリオン」というロックバンドを組んでいる。
ある日、歴史の先生から、次の研究発表の成績次第で落第になると宣告されてしまう。
そんな2人の前にルーファス(ジョージ・カーリン)と名乗る男が現れ、電話ボックス型のタイムマシンを貸してくれた。
2人はタイムマシンに乗って、歴史上の有名人に会いに行く。
ナポレオン・ボナパルト(テリー・カミレッリ)、ビリー・ザ・キッド(ダン・ショア)、ソクラテス(トニー・スティードマン)、ジークムント・フロイト(ロッド・ルーミス)、チンギス・カン(アル・レオン)、ジャンヌ・ダルク(ジェーン・ウィードリン)、エイブラハム・リンカーン(ロバート・V・バロン)、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(クリフォード・デイヴィッド)‥‥。

原題は、『Bill & Ted's Excellent Adventure』。
この映画を見るのは二度目だが、ほとんど中身を忘れていた。
先日、シリーズ三作目の『ビルとテッドの時空旅行』を見て、また見たくなったのだ。
25歳のキアヌ・リーヴスが可愛い。
出来はあまり良くないのに、なぜか魅力を感じる映画。
お薦めです。

昨日は今年20回目のジョギング。
3,5キロ走って、1,1キロ歩いて、1,9キロ走りました。
3,5キロのタイムは、19分39秒。
絶対に新記録が出たと思ったのに、25秒も及ばず、前回より5秒も遅くなっていました。
残念。
昨日から辻村深月シアター『かがみの孤城』『ぼくのメジャースプーン』の仕込みですが、私はキャラメルボックス俳優教室の授業へ行きます。
2回目の授業、楽しみです。
nice!(2) 
共通テーマ:演劇

一度死んでみた [映画]

5月15日(日)
浜崎慎治監督『一度死んでみた』(2020年)NETFLIXで鑑賞。

一度死んでみた [DVD]

一度死んでみた [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • 発売日: 2020/10/07
  • メディア: DVD


野畑七瀬(広瀬すず)は、女子大生で、デスメタルバンド「魂ズ」のボーカル。
父の野畑計(堤真一)は野畑製薬の社長で、母の百合子(木村多江)は5年前に亡くなった。
百合子の臨終の際、計は仕事で病院に来なかった。
以来、七瀬は計が許せず、計の罵る歌を歌い続けている。
計は、会社乗っ取りを企てるライバル企業のスパイ社員を炙り出すため、2日間だけ仮死状態になる薬「ジュリエット」を飲む。
それに気づいたんだライバル企業は、2日以内に火葬してしまおうとするが‥‥。

浜崎慎治監督は、1976年、鳥取県鳥取市生まれ。
CMディレクターとして、家庭教師のトライ「教えてトライさん」、トヨタ自動車「TOYOTOWN」、トクホン「ハリコレ」、「au三太郎シリーズ」を制作。
『一度死んでみた』は初めての映画。
伏線の回収は見事だったが、野畑製薬の設定にもっと現実感がほしかった。
他に、吉沢亮、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、松田翔太、加藤諒、でんでん、柄本時生、城田優、原日出子、野口聡一(JAXA 宇宙飛行士)、佐藤健、古田新太、大友康平、竹中直人、妻夫木聡らが出演。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

埋もれない声優になる! [本]

5月14日(土)
長崎行男『埋もれない声優になる!』(星海社新書)読了。

埋もれない声優になる! 音響監督から見た自己演出論 (星海社新書)

埋もれない声優になる! 音響監督から見た自己演出論 (星海社新書)

  • 作者: 長崎 行男
  • 出版社/メーカー: 星海社
  • 発売日: 2022/03/24
  • メディア: 新書


音響監督・音楽プロデューサーとして、『ラブライブ!』シリーズや『ワッチャプリマジ!』を生み出してきた長崎行男が、声優志望者に向けて、業界の現状とプロになるための対策を解説する。

前半は解説、後半は有識者との対談。
対談相手は、
〇ボイストレーナー・青拓美
〇ダンス振付師・MIKA
〇声優・緒方恵美
〇声優・古川登志夫
などなど。
2年前から始まったコロナ禍によって、新人声優のデビューはほぼゼロになったらしい。
スタジオでの三密を避けるため、少人数で収録するようになり、それまで1日2本が限界だったベテラン声優が、5本も6本も引き受けられるようになった。
で、新人は不要になったのだ。
しかし、それではまずいと気づいた緒方恵美さんは、自身の私塾で無料で若手たちに教えているらしい。
実は、キャラメルボックスの真柴あずき、林貴子、森めぐみ、関根翔太は、その私塾で講師やコーチをやっている。
そのことは前から知っていたが、この本で緒方さんのお考えがわかり、その志に敬服した。
長崎氏の、声優に一番大切なのは気持ち、という考えにも、強く賛同する。
ためになる本。
お薦めです。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

岸和田少年愚連隊 [映画]

5月14日(土)
井筒和幸監督『岸和田少年愚連隊』(1996年)NETFLIXで鑑賞。

岸和田少年愚連隊 [DVD]

岸和田少年愚連隊 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹ホームビデオ
  • 発売日: 2008/12/01
  • メディア: DVD


1970年代、大阪・岸和田。
チュンバ(矢部浩之)は中学生で、母(秋野暢子)、父、祖父(笑福亭松之助)と4人暮らし。
仲間とつるんで、喧嘩に明け暮れる毎日。
仲間とは、親友の小鉄(岡村隆史)、サンダ(辰巳裕二)、ガイラ( 辰巳浩三)、サイ(宮迫博之)、アキラ(宮川大輔)など。
東京から転校してきたリョーコ(大河内奈々子)と付き合っているが、喧嘩の方が忙しい。
学校にもたまにしか行かない‥‥。

中場利一の自伝的小説の映画化。
大阪の中学生・高校生が喧嘩するだけの話だが、カラッと明るく乾いていて、小気味いい。
会話のセンスも良く、古さを感じさせない。
井筒監督の映画は、『パッチギ』『ゲロッパ』を見ているが、はるかに好感を持った。
他に、吉田敬、徳井優、白竜、 志賀勝、正司花江、笹野高史、塩見三省、大杉漣らが出演。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

白鳥とコウモリ [本]

5月13日(金)
東野圭吾『白鳥とコウモリ』(幻冬舎)読了。

白鳥とコウモリ

白鳥とコウモリ

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2021/04/07
  • メディア: ハードカバー


2017年、東京。
善良な弁護士、白石健介が遺体で発見された。
警視庁捜査一課の刑事・五代は、白石と関わりがあった、愛知県在住の倉木達郎に会いに行く。
倉木は犯行を認め、驚くべき動機を語った。
30年前に容疑者死亡で処理された殺人事件の犯人は自分であり、自殺した容疑者は冤罪だった。
その家族への贖罪のため、自分の遺産を譲渡したい、と白石に話を持ち掛けたところ、 白石から「自分が真犯人であることを告白すべきだ」と迫られ、殺害した。
しかし、白石の娘・美令も、倉木の息子・和真も、その自供が信じられなかった‥‥。

東野圭吾氏の本はこれが83冊目。
よくもまあ、こんなに複雑なストーリーを考えるものだ、と感心してしまった。
しかも、細かいところまで考え尽くされているため、ツッコミどころは皆無。
とにかく、上質なサスペンス。
お薦めです。

辻村深月シアター『かがみの孤城』『ぼくのメジャースプーン』の稽古36日目。
『ぼくのメジャースプーン』の6・7・8・9・10・11・12・1・2・3場の復習の後、第三回通し稽古。
上演時間は1時間56分ちょっと。
20秒ほど長くなりましたが、クライマックスが盛り上がり、全体的な質もグンと上がりました。
もう、いつでもお客さんにお見せできる状態です。
明日は稽古最終日。
頑張ります。


nice!(2) 
共通テーマ:演劇

家をめぐる3つの物語 [映画]

5月13日(金)
マーク・ジェイムス・ロエルズ他監督『家をめぐる3つの物語』(2022年)NETFLIXで鑑賞。

原題は、『THE HOUSE』。
ベルギー、イギリス、スウェーデンの合作映画。
ストップモーション・アニメの短編の3本立て。
1,マーク・ジェイムス・ロエルズ&エマ・デ・スウェフ監督『内側で聞こえて紡がれるウソ』
2,ニキ・リンドロス・フォン・バール監督『敗北の真理にたどり着けない』
3,パロマ・バエサ監督『もう一度耳を傾けて太陽を目指して』
3作とも大人向けで、ちょっと嫌な感じ。
僕は3つ目の『もう一度耳を傾けて太陽を目指して』が一番楽しめた。
下は、マーク・ジェイムス・ロエルズ&エマ・デ・スウェフ監督の長編アニメ『This Magnificent Cake!』

This Magnificent Cake! [Blu-ray]

This Magnificent Cake! [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: G Kids
  • 発売日: 2019/09/24
  • メディア: Blu-ray



nice!(2) 
共通テーマ:演劇

増補図解いきなり絵がうまくなる本 [本]

5月12日(木)
中山繫信『増補図解いきなり絵がうまくなる本』(角川新書)読了。

増補 図解 いきなり絵がうまくなる本 (角川新書)

増補 図解 いきなり絵がうまくなる本 (角川新書)

  • 作者: 中山 繁信
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/08/10
  • メディア: Kindle版


建築家の中山繫信が、自身の経験を踏まえて、物、家、建物、景色のスケッチの上達法を伝授する。

平行透視図法と、一点透視図法を、イチから丁寧に教えてくれるので、この本の通りに練習すれば、上達は間違いない。
優れた教科書だと思った。
お薦めです。

辻村深月シアター『かがみの孤城』『ぼくのメジャースプーン』の稽古35日目。
『かがみの孤城』の3・4・5・6・7・8場の復習をして、第三回通し稽古。
上演時間は1時間54分弱。
非常に出来が良かったので、ダメ出しで褒めちぎってしまいました。
第二回より格段の進歩。
みんな、堂々と演技していて、カッコよかった。
しかし、油断しないで、さらなる進歩を目指します。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

ルーザーズ [映画]

5月12日(木)
シルヴァン・ホワイト監督『ルーザーズ』(2010年)NETFLIXで鑑賞。

ルーザーズ [Blu-ray]

ルーザーズ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2011/04/21
  • メディア: Blu-ray


クレイ大佐(ジェフリー・ディーン・モーガン)は米軍特殊部隊「ルーザーズ」のリーダー。
ボリビアのジャングルの中にある武器密売人のアジトの位置の特定の向かう。
屋敷にレーザー照射を行い、爆撃を待っていると、屋敷に子供たちが運び込まれるのを目撃する。
ルーザーズは屋敷に突入し、子供たちを連れて脱出。
迎えに来たヘリコプターに子供たちを乗せて逃がすが、ヘリは空軍機により撃墜される。
ルーザーズは、自分たちが消される予定だったと察知し、自らの死を偽装して、姿をくらます‥‥。

原題は、『The Losers』。
DCコミックスのヴァーティゴレーベルから発行されたコミック『ザ・ルーザーズ』の映画化。
日本では劇場公開されず、DVDのみ発売。
大物俳優は出ていないが、なかなかの出来で、楽しめた。
ヒロインはゾーイ・サルダナ。
ルーザーズのメンバーの1人で、笑かし役のクリス・エヴァンスが良かった。
お薦めです。
nice!(3) 
共通テーマ:演劇

煙の殺意 [本]

5月11日(水)
泡坂妻夫『煙の殺意』(講談社)読了。

煙の殺意 (1980年)

煙の殺意 (1980年)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: -



煙の殺意 (創元推理文庫)

煙の殺意 (創元推理文庫)

  • 作者: 泡坂 妻夫
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2015/05/19
  • メディア: Kindle版


ミステリー作家・泡坂妻夫の短編集。
表題作他、7編を収録。

1980年に出版された本。
『米澤堂書店』で米澤穂信氏が絶賛していたので、図書館で借りて読んでみた。
確かにどれもよくできたミステリーだが、トリック偏重で、僕の好みではなかった。

辻村深月シアター『かがみの孤城』『ぼくのメジャースプーン』の稽古34日目。
『ぼくのメジャースプーン』の1・2・3・4・5場を復習して、第二回通し稽古。
上演時間は1時間56分ちょっとで、第一回とほとんど変わらず。
僕はこの芝居のクライマックスが大好きで、いつも泣いてしまいます。
田中亨くんと、岡田達也がとてもいいです。
ご期待ください!



nice!(2) 
共通テーマ:演劇

A.I.ライジング [映画]

5月11日(水)
ラザール・ボドローザ監督『A.I.ライジング』(2018年)GYAOで鑑賞。

A.I.ライジング [DVD]

A.I.ライジング [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2019/11/06
  • メディア: DVD


2148年。
ベテラン宇宙飛行士のミルーティン(セバスチャン・カヴァーツァ)は、世界最大の宇宙開発企業エデルレジ社に雇われ、約4光年先のケンタウルス座アルファ星へ出発する。
同行する女性型アンドロイドのニマーニ1345(ストーヤ)は、容姿や性格などの全てをミルーティンの嗜好に合わせてプログラムされていて、任務を補佐するだけでなく、話し相手やセックスの相手まで務める。
しかし、長い宇宙生活の中で、従順なニマーニに対し、ミルーティンは不満を抱くようになる。
そして、ニマーニを「人間の女」にするため、プログラムを書き換えようと考える‥‥。

原題は、『A.I. Rising 』または『Ederlezi Rising』。
セルビアのSF映画で、ラザル・ボドローザ監督の長編デビュー作。
原作は、ゾラン・ネスコヴィッチによる1980年代の短編小説。
ベオグラード国際映画祭で、長編映画賞など5部門を受賞。
セルビアの映画なんて初めて見たが、要するに『マイ・フェア・レディ』+『2001年宇宙の旅』で、あまり意外性はない。
アンドロイドのニマーニ役のストーヤが美しかった。
nice!(2) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -