SSブログ
前の10件 | -

ザ・ウェイバック [映画]

9月23日(木)
ギャヴィン・オコナー監督『ザ・ウェイバック』(2020年)WOWOWで鑑賞。

The Way Back [DVD]

The Way Back [DVD]

  • 出版社/メーカー: Warner Home Video
  • 発売日: 2020/05/19
  • メディア: DVD



ジャック・カニンガム(ベン・アフレック)は高校時代、バスケットボールの選手として活躍。
しかし、父親との確執が原因で突然バスケをやめてしまった。
20年後、ジャックは酒浸りの生活していた。
そこへ、母校であるビショップ・ヘイズ高校の神父から「うちのバスケ部のヘッドコーチをやってくれないか」と頼まれる。
ジャックが在籍していた頃は強豪として名を馳せていたが、今ではすっかり弱小チームになってしまっていた。
ジャックは渋々コーチの仕事を引き受けることにしたが……。

日本では劇場公開されず、Amazonプライム・ビデオで配信された。
ベン・アフレックは元々、長身で、ガッチリした体格である上に、かなり太っていて、まさに「巨大」な男となっている。
撮影当時、主人公(ジャック)と同じアルコール依存症に罹患していて、「ジャックを演じたことが一種のセラピーになった」と発言したらしい。
ありがちな話だが、撮り方が非常にリアルで、安易な娯楽性、ご都合主義を排除している。
感動はないが、いい出来の映画。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

宮部みゆきの江戸怪談散歩 [本]

9月22日(水)
宮部みゆき『宮部みゆきの江戸怪談散歩』(角川文庫)読了。

宮部みゆきの江戸怪談散歩 (角川文庫)

宮部みゆきの江戸怪談散歩 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/03/24
  • メディア: 文庫


宮部みゆき責任編集による、「宮部怪談」公式読本。
2013年に新人物文庫から刊行された『宮部みゆきの江戸怪談散歩』の増補版。

宮部みゆき氏の本はこれが71冊目。
構成は、
〇「三島屋変調百物語」の舞台を歩く
〇本所深川七不思議の舞台を歩く
〇北村薫と宮部みゆきの対談
〇宮部みゆき『おそろし/三島屋変調百物語事始』より『曼珠沙華』
〇宮部みゆき『幻色江戸ごよみ』より『だるま猫』
〇岡本綺堂『指輪一つ』
〇福澤徹三『怪の再生』
下の二編は、宮部みゆき氏が推薦する怪談。
しかし、僕にはそのおもしろさがあまりよくわからなかった。
残念。

ナッポス・プロデュース『トリツカレ男』の稽古9日目。
7・8・9・10場の復習をした後、1~10場を通しました。
本当は7~10場を通すつもりだったのですが、役者の登退場口を変更するために、頭からやってみました。
みんなリラックスしていて、ラフだけどおもしろかった。
特に、野田裕貴くんが演じる「ジュゼッペ」が演じる「さすらいの医師ブラック・ジャック」の演技と歌が最高でした。
お楽しみに!

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

ホモ・サピエンスの涙 [映画]

9月21日(水)
ロイ・アンダーソン監督『ホモ・サピエンスの涙』(2019年)WOWOWで鑑賞。

ホモ・サピエンスの涙 [Blu-ray]

ホモ・サピエンスの涙 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2021/07/07
  • メディア: Blu-ray


スウェーデン・ドイツ・ノルウェーの合作で、原題は『Om det oändliga』。
第76回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞。
この世に絶望し信じるものを失った牧師、戦禍に見舞われた街を上空から眺めるカップル、これから愛に出会う青年、陽気な音楽に合わせて踊る若者……。
様々な男女が織り成す悲喜こもごもの人生模様を、全編ワンシーンワンカットによる計33の場面で描いた映像詩。
上映時間は76分。

絵を楽しむ映画で、話にはほとんど意味がない。
シュールな話ばかりで、コントっぽいおかしさが漂う。
演劇で言えば、別役実さんの世界に近い。
こんな映画があってもいい、とは思う。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

猫弁と鉄の女 [本]

9月21日(火)
大山淳子『猫弁と鉄の女』(講談社)読了。

猫弁と鉄の女

猫弁と鉄の女

  • 作者: 大山淳子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2021/07/27
  • メディア: Kindle版


百瀬太郎は弁護士で、事務所にたくさんの猫がいるため、「猫弁」と呼ばれている。
婚約者の大福亜子は結婚相談所で働いている。
ある日、百瀬は国会議員の宇野勝子の顧問弁護士の仕事を依頼される。
宇野は選挙を控え、花粉症対策として、東京西部の山林の杉を伐採する運動を始めていた。
私費を投じて山林を買い取り、伐採を開始しようとした時、突然、邪魔者が入る。
それは猿のマリ。
山に籠もって暮らす木こり「森林蔵」が飼っている猿だった……。

猫弁シリーズの第二シーズン2冊目、通算7冊目。
講談社で大山淳子氏を担当している高谷夏未さんからいただきました。
このシリーズ、元はミステリだったと思うが、最早普通のユーモア小説となっている。
ところが、これが実におもしろく、ラストは感動までしてしまった。
大山氏は確実に腕を上げている。
悪人が一人も出てこないところが好き。
お薦めです。

ナッポス・プロデュース『トリツカレ男』稽古8日目。
3・4・5・6場を復習した後、1~6場を通しました。
役者が皆上手なので、まだ8日目にもかかわらず、まずまずの芝居になりました。
終了後は、基礎練習の2回目。
若い役者5人に残ってもらって、語りとスピーチの練習を1時間やりました。
最年少の舟木健くんが非常に良い。
真っ直ぐで熱くて、将来性を感じました。
なんと、僕の39歳下で、息子と同い年ですよ。
頑張って、うまくなってほしいです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

スタートアップ! [映画]

9月21日(火)
チェ・ジョンヨル監督『スタートアップ!』(2019年)WOWOWで鑑賞。

スタートアップ! [DVD]

スタートアップ! [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • 発売日: 2021/04/02
  • メディア: DVD


ソウル。
テギル(パク・ジョンミン)は不良で、高校を中退。
母は元はバレーボールの名選手で、言うことを聞かないテギルを叩くビンタする。
テギルの親友のサンピル(チョン・ヘイン)が消費者金融で働き始める。
テギルは自分も稼ごうと思い、家出。
定食屋に住み込みで働き始める。
その店のコックは、筋肉隆々なのになぜかロン毛のコソク(マ・ドンソク)。
テギルはコソクに殴られながら、配達の仕事を地道に続けた……。

マ・ドンソクの長髪は全く似合わないし、コックというのも珍しいと思ったが、これは世を忍ぶ仮の姿。
正体はやっぱりヤクザのボスだった。
抗争に疲れ、コックに身をやつして、隠れていたのだ。
あの体格じゃバレバレなのに。
青春コメディといった感じの映画だが、センスが良くて楽しめた。
お薦めです。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

鴻上尚史のほがらか人生相談 [本]

9月20日〕(火)
鴻上尚史『鴻上尚史のほがらか人生相談』(朝日新聞出版)読了。

鴻上尚史のほがらか人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

鴻上尚史のほがらか人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

  • 作者: 鴻上 尚史
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2019/09/20
  • メディア: Kindle版


劇作家・演出家の鴻上尚史による、人生相談。
月刊誌「一冊の本」、ニュースサイト「AERA dot.」で連載中のものを書籍化。

以前から、Yahoo!ニュースなどで読んでいたので、そのおもしろさはよく知っていた。
この本では全部で28の質問に答えている。
いずれも名回答で、さすがだと思った。
鴻上氏の回答は常に現実的で、優しい。
ご両親とも教師で、ご本人も教師体質と仰っているが、40年の演出家としてのキャリアが、鴻上氏を人生相談の達人にしてしまったようだ。
名著。
お薦めです。

ナッポス・プロデュース『トリツカレ男』稽古7日目。
ダンスの復習と、15・16・1・2場の立ち稽古をしました。
1場では、初めて3段跳びを実際にやってみました。
初演・再演を経験している畑中智行・三浦剛がいるので、すぐに再現できました。
ジュゼッペの野田裕貴くんは高々と宙に舞い上がりました。
やはりこのシーンは必見です。
お楽しみに!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

健太郎さん [映画]

9月20日(月)
高木駿輝監督『健太郎さん』(2020年)GYAOで鑑賞。

GYAOで短編映画8本を見た。

高木駿輝監督『健太郎さん』(2020年)
うえだ城下町映画祭 第18回 自主制作映画コンテストノミネート作品。
上映時間35分。
4人家族の家でなぜか一緒に暮らす健太郎さん。
主役はなんと、キャラメルボックスの西川浩幸。

山岸謙太郎監督『犬が伝えたかったこと』(2020年)
那須ショートフィルムフェスティバル2020上映作品。
上映時間は9分46秒。
妻の死後、犬の散歩に出かけた男が見つけた事実。

楊翔安監督『ACCEPT』(2020年)
那須ショートフィルムフェスティバル2020上映作品。
上映時間は3分18秒。
妻の死を看取る夫の姿を描いたアニメ。

川井田育美監督『わたしのなつやすみ』(2020年)
那須ショートフィルムフェスティバル2020上映作品。
上映時間は13分47秒。
小学1年生の女の子が夏休みの宿題の絵日記で、宇宙人との交遊を描く。

古波津陽監督『Omusubi』(2020年)
那須ショートフィルムフェスティバル2020上映作品。
上映時間は2分22秒。
若いお母さんが幼い兄妹のためにおむすびを作る。

石山和史監督『みんなで作れば』(2020年)
第6回あわら湯けむり映画愛 審査委員賞作品。
上映時間は3分21秒。
20代の3人の兄弟が母親のためにスパゲティを作る。

山村もみ夫。監督『ストレスフルスイング』(2020年)
那須ショートフィルムフェスティバル2020上映作品。
上映時間は12分40秒。
ストレス解消のためにバッティングセンターに来た男のストレスがどんどん溜まっていく話。

三重野広帆監督『膨らみ』(2020年)
広島こわい映画祭2020出品作品。
上映時間は2分50秒。
深夜、独り暮らしの女性が帰宅すると、ベッドの上に異様な人影が……。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

サーカスナイト [本]

9月19日(日)
よしもとばなな『サーカスナイト』(幻冬舎文庫)読了。

サーカスナイト (幻冬舎文庫)

サーカスナイト (幻冬舎文庫)

  • 作者: よしもとばなな
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/08/04
  • メディア: Kindle版


松崎さやかは30代中盤で、娘のみちる、義母と3人暮らし。
夫の悟は、みちるが2歳の時に亡くなった。
さやかと悟は友人同士だったが、悟がガンになり、さやかに「死ぬ前に自分の子を産んでほしい」と頼んだ。
それで結婚し、みちるを産んだのだが、悟が亡くなった今も、悟の実家に住んでいる。
ある日、市田一郎という人から手紙が来る。
市田は以前、さやかたちが住む家に住んでいた。
市田は双子として生まれたが、まだ幼い頃に兄が死に、母はその遺骨の一部を庭に埋めた。
それを回収させてほしいと言う。
驚いたことに、さやかは20歳の頃、市田と付き合っていた……。

吉本ばなな氏にしては珍しい、文庫本389ページの長編。
しかし、中身はいつも通りで、バリで育った主人公が、20歳の頃、傷ついて、バリに帰り、再生。
そして10数年後、20歳の頃の恋人と再会して、バリを再訪する、という話。
「外国」「再生」の2点セットは変わらない。
主人公がサイコメトラーであるという設定は珍しいが、あまり活かされていない。
250ページくらいで十分だった気がする。

今日は今年42回目のジョギング。
3,5キロ走って、0,8キロ歩いて、0,5キロ走りました。
3,5キロのタイムは、19分54秒。
前回より9秒遅くなってしまいました。
悔しい!
来年の3本目の新作の第二稿が完成しました。
来年3月に上演する、成井硝子店の第二回公演の脚本です。
構想段階から、演出の成井憲二と話し合い、第一稿を書き上げた後もいろいろ意見をもらい、細かく改訂しました。
タイトルはまだ未定。
11月にワークショップ・オーディションを行い、キャスティングが確定した後、第三稿に取りかかる予定です。
情報公開はおそらく12月になると思います。
それまでどうか楽しみにしていてください。
頑張ります。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

BLUE [映画]

9月19日(日)
吉田恵輔監督『BLUE』(2021年)

【Amazon.co.jp限定】BLUE【Amazon.co.jp限定特典:オリジナル2L判ブロマイド1点(松山ケンイチ)】 [DVD]

【Amazon.co.jp限定】BLUE【Amazon.co.jp限定特典:オリジナル2L判ブロマイド1点(松山ケンイチ)】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日: 2021/08/11
  • メディア: DVD


瓜田(松山ケンイチ)はプロボクサーだが、2勝10敗であまり勝てない。
瓜田の誘いでボクシングを始めた後輩の小川(東出昌大)は連戦連勝で、日本チャンピオンに王手をかけていた。
瓜田にボクシングを勧めた初恋の人・千佳(木村文乃)は、今では小川の婚約者だ。
小川は近頃、物忘れがひどく、瓜田と千佳はパンチドランクによるものではないかと心配していた。
ある日、ジムに楢崎(柄本時生)が入門してくる。
楢崎はバイト仲間の女の子にモテるため、ボクサーっぽくなりたいと言う。
瓜田はそんな彼に対しても、親切に指導した……。

非常にリアルなボクシング映画。
吉田恵輔監督は、少年時代から30年以上、ボクシングをしているらしい。
松山、東出、柄本の3人は、体はボクサーになっていなかったが、動きはまずまずボクサーに見えた。
かなり練習したのだろう。
現実感を重視しているため、3人はいずれも敗れ去る。
ゆえにカタルシスは全くない。
が、人間がしっかり描けているので、楽しめた。
お薦めです。

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

隻眼の虎 [映画]

9月18日(土)
パク・フンジュン監督『隻眼の虎』(2015年)GYAOで鑑賞。

隻眼の虎 [DVD]

隻眼の虎 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2017/02/03
  • メディア: DVD


1925年、智異山。
チョン・マンドク(チェ・ミンシク)は名高い猟師だったが、今は引退し、息子と2人で薬草を採りながら暮らしていた。
日本軍は害獣駆除の名目で、「智異山の山の神」「朝鮮虎の王様」と呼ばれる隻眼の大虎を狙っていた。
マンドクの後輩たちに、大虎を仕留めるように命じた。
マンドク(チョン・マンシク)、グギョン(キム・サンホ)ら後輩たちは、大虎の妻と子供2匹を仕留めた。
しかし、大虎には歯が立たない。
マンドクに協力を求めるが、マンドクは頑なに拒否した。
マンドクの息子ソクはそんな父親に初発し、家出して、猟師団に加わった……。

原題は『大虎』『The Tiger』。
虎はほとんどCGだろうが、迫力があった。
日本軍の司令官として、大杉蓮さんが出演。
セリフはすべて日本語だった。
他に、ラ・ミランが出演。
それにしても、キム・サンホとラ・ミランは本当によく見かける。
日本で言えば、光石研と西田尚美かな?
渋川清彦と池谷のぶえ?
演技がうまいし、見た目が親しみやすいので、本当に安心する。
お薦めです。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -