So-net無料ブログ作成

彼女らは雪の迷宮に [本]

9月17日(火)
芦辺拓『彼女らは雪の迷宮に』(祥伝社文庫)読了。

彼女らは雪の迷宮に (祥伝社文庫)

彼女らは雪の迷宮に (祥伝社文庫)

  • 作者: 芦辺 拓
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2012/02/04
  • メディア: 文庫


名探偵兼弁護士の森江春策は、助手の新島ともかとともに、大阪から東京に移転してきた。
ある日、ともかを含む6人の女性に、山奥にある「雪華荘ホテル」から招待状が届く。
新装オープンを記念して、何もかもが無料だという。
6人は喜び勇んで出かけるが、そのホテルは谷底に建っていて、専用のロープェイでしかかたどりつけない。
たどりついてみると、従業員は一人も顔を出さない。
おまけに猛吹雪で、外に出られなくなった。
もしかして、ミステリーによくある、「雪の山荘」に来てしまったのか?

芦辺拓氏の本はこれが14冊目。
クローズド・サークルものの一つだが、このトリックは実行不可能だろう。
試みとしてはおもしろかったが、現実感は全くないと思った。
ところで、『仮面山荘殺人事件』の稽古場でこの本を読んでいたら、辰己琢郎さんに「なぜこの本を?」と聞かれた。
なんと、芦辺拓氏は、辰己琢郎さんの高校時代の同級生で、一緒に演劇同好会を作った仲だった!
知らなかった!
芦辺氏が演劇をやっていたとはビックリ。
そう言えば、デビュー作は『殺人喜劇の13人』だった!

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

nice! 3