SSブログ

星が吸う水 [本]

8月25日(水)
村田沙耶香『星が吸う水』(講談社)読了。

星が吸う水 (講談社文庫)

星が吸う水 (講談社文庫)

  • 作者: 村田沙耶香
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/03/15
  • メディア: Kindle版


村田沙耶香の短編集。
『星が吸う水』と『ガマズミ航海』を収録。

村田沙耶香氏の本はこれが8冊目。
収録された2作とも、若い女性の「性」がテーマ。
どちらも狂気とまでは行かないが、やや常軌を逸した「性」が描かれる。
男で凡人の僕には全くついて行けない。
また、2作とも作者の作為が透けて見え、ちょっと残念だった。
昨日の『ギンイロノウタ』の次に書かれた作品で、『コンビニ人間』の6年も前なので、まだまだ成長途中ということなのだろう。

今日はキャラメルボックス俳優教室実践科中間公演『ハックルベリーにさよならを』の稽古。
6場と7場の復習をしました。
稽古時間に余裕があるので、ダメ出しの時、少々長い話をしました。
今日は、「役者が演技している時に感じるべき『楽しさ』について」。
(詳しくは「演劇集団キャラメルボックス俳優教室公式ブログ」をご覧ください)
用意してあった話ではありません。
日頃モヤモヤ考えていたことに、その場で考えたことを加え、なるべくわかりやすくまとめて、話をしました。
こうすることで、僕は自分の演劇論・演出論・演技論を深めていきます。
自分が演出家として成長できたのは、常に若い役者たちと一緒に芝居を作ってきたからです。
彼らのお蔭なのです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2