SSブログ

田舎はいやらしい [本]

7月1日(金)
花房尚作『田舎はいやらしい』(光文社新書)読了。

田舎はいやらしい~地域活性化は本当に必要か?~ (光文社新書)

田舎はいやらしい~地域活性化は本当に必要か?~ (光文社新書)

  • 作者: 花房 尚作
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2022/01/18
  • メディア: Kindle版


SHOUSAKU事務所代表の花房尚作が、自身が鹿児島県の過疎地域で生活した経験を踏まえて、過疎地域に暮らす人々の「いやらしさ」を解説する。

過疎地域にも二種類あり、都市から離れた地域は、若者の9割が20歳前後で出ていくらしい。
それら老人ばかりが住む地域は、現状維持を望んでおり、活性化など望んでいない。
ならば放置し、消滅するのを待つのが一番ではないか、と花房氏は語る。
一見残酷な意見だが、これからの日本は居住地を集約するべき、という主張には確かに一理ある。
それにしても、大胆なタイトル。
中身も、タイトルを裏切らない大胆さだった。
お薦めです。

『7本指のピアニスト』の稽古11日目。
2・3・4場の動き付けをして、最後に1~4場を通しました。
上演時間は37分。
全11場ですが、これで約3分の1。
残り3分の2も頑張ります。



nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2