SSブログ

ばにらさま [本]

6月5日(火)
山本文緒『ばにらさま』(文藝春秋)読了。

ばにらさま (文春文庫)

ばにらさま (文春文庫)

  • 作者: 山本 文緒
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2023/10/11
  • メディア: Kindle版


2021年に58歳で亡くなった山本文緒の最後の短編集。
『ばにらさま』『わたしは大丈夫』『菓子苑』『バヨリン心中』『20×20』『子供おばさん』の6作を収録。

この本が刊行された1カ月後に、山本文緒氏は亡くなった。
毒の強い作家だが、本作はそれほどでもない。
山本氏は登場人物を平気でひどい目に遭わせるので、かなり身構えながら、心の準備をしながら読んだ。
が、杞憂だった。
もちろんけっして無毒ではないが。
どの作品も「巧いなあ」と感心しながら読んだ。

ナッポス・プロデュース『湯を沸かすほどの熱い愛』長野県中信地区演劇鑑賞会1日目。
会場は、松本市のキッセイ文化ホール。
1030から県ヶ丘高校、1400から蟻ケ崎高校。
どちらも静かに鑑賞してくれました。
が、キッセイ文化ホールは定員2000名と広く、残響音が物凄くて、非常に苦労しました。
役者たちには、東京・大阪公演よりもゆっくりじっくりやってほしいと頼みました。
明日も2ステージ、頑張ります!
nice!(4) 
共通テーマ:演劇

nice! 4