SSブログ

コンパートメントNo.6 [映画]

6月9日(日)
ユホ・クオスマネン監督『コンパートメントNo.6』(2021年)WOWOWで鑑賞。

コンパートメントNo.6 [Blu-ray]

コンパートメントNo.6 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2023/11/03
  • メディア: Blu-ray


1990年代、ロシア・モスクワ。
ラウラ(セイディ・ハーラ)はフィンランド人の留学生。
考古学の女性教授と恋人同士になり、ムルマンスクへ古代のペトログリフ(岩面彫刻)を見に行く旅の約束をする。
が、教授がドタキャンし、一人で行くことに。
寝台列車6号のコンパートメントNo.6で乗り合わせたのは、ロシア人労働者リョーハ(ユーリー・ボリソフ)。
リョーハはラウラを出稼ぎに行く娼婦と誤解し、酔って体を触る。
ラウラは怒り狂い、コンパートメントを飛び出すが、気を取り押して戻る‥‥。

原題は『Hytti Nro 6』。
フィンランド・ロシア・エストニア・ドイツの合作映画。
長編第1作『オリ・マキの人生で最も幸せな日』がカンヌ映画祭ある視点部門でグランプリを受賞し、輝かしい監督デビューを飾ったユホ・クオスマネンの第2作。
ロサ・リクソムの同名小説を映画化。
今度はカンヌ映画祭コンペ部門に選出され、再びグランプリを獲得。
アカデミー賞国際長編映画賞フィンランド代表選出、ゴールデングローブ賞非英語映画賞ノミネートなど、世界中の映画祭で17冠の快挙を遂げた。
間違いなく名作だが、あまりに話がオーソドックスだし、ヒロインにも魅力が感じられなくて、僕には楽しめなかった。
残念。

今日は今年35回目のジョギング。
3,5キロ走って、1,1キロ歩いて、2,3キロ走りました。
3,5キロのタイムは、19分59秒。
前回よりまた12秒速くなりました。
いよいよ明日より、『無伴奏ソナタ The Musical』の稽古開始。
頑張ります!
nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2