SSブログ

びりっかすの神さま [本]

6月10日(月)
岡田淳『びりっかすの神さま』(偕成社)読了。

びりっかすの神さま (偕成社文庫 2096)

びりっかすの神さま (偕成社文庫 2096)

  • 作者: 岡田 淳
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 2006/04/01
  • メディア: 単行本


始(はじめ)は小学4年生の男の子。
4年1組に転校してきた始は、転校初日、教室でとんでもないものを目にする。
背中に小さな翼がある、大きさ20cmぐらいの男が、空中をゆっくり飛んでいたのだ。
男の姿は、教室の誰の目にも見えていないようだった。
ある日、テストが返されると、あの小さな男が、最低点をとった子のところにやってきた。
男は、クラスの中でビリになった子のところにやってくるのだった。
始は男のことをもっと知りたくなり、次のテストでわざとビリを取った‥‥。

岡田淳氏の本はこれが5冊。
とても才能のなる人だが、この本はダメ。
テーマが前に出すぎて、話が現実離れしすぎてしまった。
残念。

アミューズ+ナッポス・プロデュース『無伴奏ソナタ The Musical』の稽古初日。
顔合わせ、ハラスメント講習会、読み合わせを行いました。
僕が『無伴奏ソナタ』という小説を初めて読んだのは、1985年、24歳の時。
1987年、キャラメルボックスで『無伴奏ソナタ』を元ネタにした『左腕のガリバー』を上演。
2012年、キャラメルボックスで『無伴奏ソナタ』をそのまま上演。
そして2024年、初めて小説を読んでから39年目に、ミュージカル化に挑戦。
頑張ります!

無伴奏ソナタ

無伴奏ソナタ

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/04/01
  • メディア: Kindle版



無伴奏ソナタ (ハヤカワ文庫 SF 644)

無伴奏ソナタ (ハヤカワ文庫 SF 644)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1985/12/01
  • メディア: 文庫



nice!(4) 
共通テーマ:演劇

nice! 4