SSブログ

愚かな薔薇 [本]

8月16日(火)
恩田陸『愚かな薔薇』(徳間書店)読了。

愚かな薔薇

愚かな薔薇

  • 作者: 恩田陸
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2021/12/23
  • メディア: Kindle版


高田奈智は14歳の少女。
夏の2カ月をキャンプで過ごすため、保護者の元を離れて磐座(いわくら)に来た。
キャンプは「虚ろ舟乗り」(うつろふなのり)の適性を見るためのもので、これは恒星間ロケットのパイロットのこと。
磐座は、奈智の亡き母の故郷で、今も母親のいとこの美影久緒(みかげひさお)が料理旅館を営んでいる。
奈智は美影旅館に寄宿し、キャンプのある盤座城へ通い始める。
久緒の息子の深志(ふかし)は高校三年生で、奈智は「兄」と慕っている。
2日目、奈智は城に向かう途中でこの地域に咲く「さとばら」の匂いに当たり、めまいと吐き気に襲われ、大量の血を吐いてしまう。
しかし、それこそが、「虚ろ舟乗り」になるための、身体の変質の始まりだった‥‥。

恩田陸氏の本はこれが67冊目。
恩田氏お得意の、SF伝奇ロマンで、元ネタはなんと「吸血鬼」。
吸血鬼の、年を取らない体質を、宇宙飛行士と結びつけたのはお見事。
英訳は「Rose that blooms through all eternity」。
単行本592ページ。
連載14年で、ようやく完結したらしい。
描写があまりにも丁寧で、話がなかなか進まず、読むのが大変だった。

nice!(2) 

自転しながら公転する [本]

8月13日(土)
山本文緒『自転しながら公転する』(新潮社)読了。

自転しながら公転する

自転しながら公転する

  • 作者: 山本文緒
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2020/09/28
  • メディア: Kindle版


茨城県牛久市。
与野都は32歳、母が重い更年期障害に罹ったため、東京の会社を退職して、実家に帰ってきた。
地元のアウトレットモールに入っている洋服店で契約社員として働きながら、母の世話をする毎日。
ある日、地元の回転寿司店で働く貫一と出会う。
寛一は中卒で、元ヤンの雰囲気を濃厚に漂わせていた。
最初は警戒していた都だが、いつの間にか付き合うようになっていた‥‥。

山本文緒(やまもとふみお)氏は、1962年11月、神奈川県横浜市生まれ。
神奈川大学経済学部卒業後、OL生活を経て、1987年に『プレミアム・プールの日々』でコバルトノベル大賞の佳作を受賞し、少女小説家としてデビュー。
1992年、『パイナップルの彼方』で一般小説にシフト。
1999年、『恋愛中毒』で第20回吉川英治文学新人賞受賞。
2000年、『プラナリア』で第124回直木賞を受賞。
2003年、うつ病を発症し、治療のため執筆活動を中断。
2021年、『自転しながら公転する』で第27回島清恋愛文学賞、第16回中央公論文芸賞を受賞。
同年10月、膵臓がんにより長野県軽井沢町の自宅で死去。[
僕は山本氏の作品をほとんど読んでいるが、非常に巧みな作家だと思う。
『自転しながら公転する』は、主人公の女性のダメダメぶりが凄く、彼女を突き放して書く山本氏に作家としての凄みを感じた。
58歳で亡くなるとは思わなかった。

今日は、成井硝子店2022夏のワークショップ/中級クラスの2日目。
12時から18時まで、みっちり稽古しました。
メニューは、語り練習、インタビュー、ディベート、台本練習。
今日も妻と息子が参加してくれました。
帰り道、参加者1人1人について、どうすればもっとよくなるのか、話し合うのが、とても楽しいです。
明日も頑張ります!
nice!(3) 

ひとりでカラカサさしてゆく [本]

8月11日(木)
江國香織『ひとりでカラカサさしてゆく』(新潮社)読了。

ひとりでカラカサさしてゆく

ひとりでカラカサさしてゆく

  • 作者: 江國 香織
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2021/12/20
  • メディア: 単行本


都内のホテルで、80代の男性2人、女性1人が、猟銃で自殺した。
3人は友人関係で、若い頃の一時期、同じ会社に勤めていた。
遺族は3人の突然の自殺に激しく戸惑う。
自殺当日の3人様子と、遺族のその後が並行して描かれていく‥‥。

江國香織氏の本はこれが、51冊目。
遺族がたくさん出てきて、覚えきれなくて、読むのが大変だった。
が、一人一人に存在感があり、さすがだと思った。

今日は今年34回目のジョギング。
3、5キロ走って、1,5キロ歩いて、1,5キロ歩きました。
3,5キロのタイムは、20分12秒。
前回より8秒遅くなってしまいました。
午後は、13時から、下北沢ザ・スズナリへ行き、劇団iaku『あつい胸騒ぎ』を見てきました。
『かがみの孤城』『ぼくのメジャースプーン』に出演してくれた、田中亨くんが出演しているのです。
芝居そのものは非常に質が高かったのですが、僕にはスズナリの狭い座席で苦痛で、2時間が拷問のようでした。
その後、新宿で、高校の同級生の平野哲哉くんと食事。
平野くんはスイスのジュネーブ在住で、国連本部に勤めています。
3年ぶりの再会で、高校時代の思い出や、平野くんの職場の話など、いろいろ聞きました。
同級生と書きましたが、実は平野くんと同じクラスになったことはありません。
部活も、彼は硬式テニス部で、僕は体操部兼演劇部。
それなのに、なぜか親しくなり、卒業して42年も経つのに、いまだに会っている。
僕の数少ない友達の1人です。


nice!(1) 

わたしのわごむはわたさない [本]

8月10日(水)
ヨシタケシンスケ『わたしのわごむはわたさない』(PHP研究所)読了。

わたしのわごむはわたさない 【3歳 4歳からの絵本】

わたしのわごむはわたさない 【3歳 4歳からの絵本】

  • 作者: ヨシタケ シンスケ
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2019/11/09
  • メディア: ハードカバー


いせひでこ『わたしの木、こころの木』(平凡社)読了。

わたしの木、こころの木

わたしの木、こころの木

  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2014/07/25
  • メディア: 大型本


内田麟太郎+降矢なな『ありがとうともだち』(偕成社)読了。

ありがとうともだち (おれたち、ともだち!)

ありがとうともだち (おれたち、ともだち!)

  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: 大型本


『わたしのわごむはわたさない』は、お馴染み、ヨシタケシンスケ氏の妄想絵本。
ヨシタケシンスケ氏の本はこれが17冊目。
『あきらがあけてあげるから』と対になる本で、非常におもしろかった。
『わたしの木、こころの木』は、いせひでこ氏の樹木愛が溢れた本。
いせひでこ氏の本はこれが16冊目。
絵の美しさは、これが一番だと思った。
『ありがとうともだち』は、内田麟太郎+降矢ななコンビの『おれたちともだち!』シリーズの1冊。
僕がこのシリーズを読むのはこれが2冊目。
降矢氏の絵がダイナミックですばらしい。
3冊ともお薦めです。

キャラメルボックス俳優教室2022年度プロデュース公演『BREATH』の稽古5日目。
6・7・8・9場の半立ち稽古をやりました。
何とか遅れを取り戻そうと必死でやったのですが、さらに遅れが出てしまいました。
トホホ。
5時間の稽古で3シーン進むのは、やはり難しいのか‥‥。
ダブルキャストがあるので、1シーンにつき4回やっているせいでしょうが。
でも、また次回、頑張ります!


nice!(1) 

兇人邸の殺人 [本]

8月9日(火)
今村昌弘『兇人邸の殺人』(東京創元社)読了。

兇人邸の殺人 屍人荘の殺人シリーズ

兇人邸の殺人 屍人荘の殺人シリーズ

  • 作者: 今村 昌弘
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2021/07/29
  • メディア: Kindle版


葉村譲と剣崎比留子は、神紅大学ミステリ愛好会のたった2人のメンバー。
ある日、医療関連の大企業・成島グループの子会社社長である成島陶次に請われ、廃墟テーマパークにそびえる「兇人邸」に向かう。
「兇人邸」には、テーマパークを運営する昭島興産会長で、かつて斑目機関の研究者だった不木玄助が住んでいた。
不木は定期的にテーマパーク従業員を「兇人邸」に来させるのだが、その後、姿を見ることは二度とないという。
葉村と剣崎は、成島とその秘書、傭兵たち、情報提供者のテーマパーク従業員と共に、深夜に「兇人邸」に侵入する‥‥。

『屍人荘の殺人』シリーズの第三作。
「このミステリーがすごい!」2021年度・第4位。
第二作の『魔眼の匣の殺人』には少々ガッカリしたが、これは一作目に勝るとも劣らない出来だった。
「兇人邸」の構造が複雑すぎるため、話の展開がつかみづらかったのは少々残念。
しかし、人間ドラマが骨太に描かれ、クライマックスの盛り上がりには大満足!
お薦めです。

キャラメルボックス俳優教室2022年度プロデュース公演『BREATH』の稽古4日目。
3・4・5・6場の半立ち稽古をしました。
前回、予定通りに進まなかったので、今日はハイペースでやりました。
また明日も稽古です。
頑張ります!

nice!(2) 

田舎のポルシェ [本]

8月7日(日)
篠田節子『田舎のポルシェ』(文藝春秋)読了。

田舎のポルシェ

田舎のポルシェ

  • 作者: 篠田 節子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2021/04/15
  • メディア: 単行本


岐阜県。
増島翠は30代後半で、独身。
東京都八王子市の農家の生まれだったが、家族と不仲が家を出た。
今は地元の郷土資料館に勤めている。
ある日、実家に米150キロを取りに行くことになり、知り合いに車と運転手を頼んだ。
待ち合わせ場所に現れたのは、紫色のツナギを着た、坊主頭の男だった。
男は瀬沼で、地元の酒屋の次男坊だと言う。
翠は、瀬沼の軽トラに乗って、出発した‥‥。

篠田節子氏の本はこれが54冊目。
ロードムービーのような中編3つを集めた中編集で、上記は表題作の『田舎のポルシェ』。
現代の世相を鋭く切り取る手腕は、さすがとしか言いようがない。
が、話の作り方はどれも今一つで、少々残念だった。
僕は『田舎のポルシェ』が一番楽しめた。

成井硝子店・2022夏のワークショップ/初級クラスの3日目。
メニューは、発声練習、語り練習、スピーチ、漫才、台本練習。
たったの3日間、合計15時間でしたが、参加者がみんな成長してくれて、とてもうれしかった。
非常に充実したワークショップだったと思います。
とても疲れましたが。
参加者の皆さんに心から感謝します。
ありがとうございました。
nice!(2) 

スモールワールズ [本]

8月4日(木)
一穂ミチ『スモールワールズ』(講談社)読了。

スモールワールズ

スモールワールズ

  • 作者: 一穂ミチ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2021/04/21
  • メディア: Kindle版


麻子は専業主婦で、夫と二人暮らし。
長年、不妊に悩んでいた。
ある日、向かいのマンションの廊下で、中学生の男の子が父親から激しく叱責されるのを目撃してしまう。
その男の子は、姪の同級生の笙一だという子だった。
後日、コンビニのイートインコーナーで時間を潰していた笙一に、つい声をかけてしまう。
それから、2人の奇妙な交流が始まった‥‥。

6つの短編を収録した短編集で、上記は一つ目の『ネオンテトラ』。
第43回吉川英治文学新人賞受賞作、2022年度本屋大賞第3位、第165回直木賞候補作。
一穂ミチ(いちほみち)氏は、BL作品を中心に活動している小説家だが、正体は不明。
ミステリータッチで、人間という生き物の不条理を描く。
僕は『魔王の帰還』が一番おもしろかった。

午前は、今年33回目のジョギング。
3,5キロ走って、1,2キロ歩いて、1,9キロ走りました。
3,5キロのタイムは、20分04秒。
前回より6秒、遅くなってしまいました。
午後は事務仕事。
そして、明日から始まる、成井硝子店「夏のワークショップ」の準備。
明日から3日間は初級クラス。
初めて会う人たちと、芝居の稽古を目一杯楽しみたいと思います。

nice!(3) 

52ヘルツのクジラたち [本]

8月3日(水)
町田そのこ『52ヘルツのクジラたち』(中央公論新社)読了。

52ヘルツのクジラたち

52ヘルツのクジラたち

  • 作者: 町田そのこ
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2020/04/21
  • メディア: Kindle版


大分県のある港町。
三島貴瑚(あだ名は「きなこ」)はある事情で、芸妓だった祖母が隠居後に住んでいた古い家に引っ越してくる。
家の修繕に来た村上という青年から、町の老人たちから悪い噂話を立てられていることを知る。
それは、貴瑚が仕事をしないで、ブラブラしているからだった。
そんな彼女の前に、口の利けない少年が現れる。
彼は母親から虐待を受けているようだった。
貴瑚は少年に「52」はいうあだ名を付けた。
実は貴瑚も、実の母と義父から長年、虐待を受けていた。
高校卒業後も、寝たきりの義父の介護を押しつけられ、生きる希望を失くしていた。
そんな貴瑚を救い出してくれたのが、塾講師のアンさんだった‥‥。

2021年度本屋大賞受賞作。
イ・ジウォン監督『虐待の証明』(2020年)にとてもよく似ていて、驚いた。
かつて児童虐待を受けていた女性が、今、虐待を受けている子供を救う話。
この映画を見ていなければ、感動した違いない。
残念。

キャラメルボックス俳優教室2022年度プロデュース公演『BREATH』の稽古2日目。
1・2・3場の半立ち稽古をしました。
稽古開始直前に、舞台美術家の稲田美智子さんから美術プランがメールで送られてきました。
正面図と平面図。
おかげで、それに基づいて稽古することができました。
が、今日は3場まで終わらせる予定だったのに、3場の途中でタイムアップ。
5時間の稽古時間がアッという間でした。
次回は、この続き、3場の途中から。
予定よりちょっと遅れてしまったけど、頑張ります!
nice!(2) 

15ひきのおしかけねこ [本]

8月2日(火)
ガブリエル・バンサン『15ひきのおしかけねこ』(BL出版)読了。

15ひきのおしかけねこ

15ひきのおしかけねこ

  • 出版社/メーカー: BL出版
  • 発売日: 2022/08/02
  • メディア: 大型本


ガ ブリエル・バンサン『あの夏』(ブックローン出版)読了。

あの夏

あの夏

  • 出版社/メーカー: BL出版
  • 発売日: 1998/12/10
  • メディア: 大型本


ガブリエル・バンサン『マリオネット』(ブックローン出版)読了。

マリオネット

マリオネット

  • 作者: ガブリエル バンサン
  • 出版社/メーカー: BL出版
  • 発売日: 1998/12/10
  • メディア: 大型本


ガブリエル・バンサンの絵本を3冊。
『15ひきのおしかけねこ』は、『テディ・ベアのおいしゃさん』の続編らしいが、前作を読んでいないので、よくわからず。
『あの夏』は、「セレスティーヌとアーネストおじさん」シリーズ番外編。
2人にとって大切な人らしいガズーという人間の死と、それを見守るセレスティーヌを描く。
『マリオネット』は、名作『アンジュール』と同じく、文のない、絵だけの絵本。
少年と、マリオネットの男の子の出会いを描く。
残念ながら、どれも今一つ。

今日は9時から12時まで、都立井草高校演劇部のコーチ。
今日が2回目。
なんと、9月の高校演劇コンクールの地区大会で、僕の『銀河旋律』を上演することになったそうです。
で、今日は1場と2場を指導しました。
生徒はもちろん、顧問の先生も、演劇について何も知らないようなので、発声から動き方まで、手取り足取り教えました。
8月はあと2回、9月も2回、行く予定です。
頑張ります。
nice!(1) 

阿久悠と松本隆 [本]

8月1日(月)
中川右介『阿久悠と松本隆』(朝日新書)読了。

阿久悠と松本隆 (朝日新書)

阿久悠と松本隆 (朝日新書)

  • 作者: 中川右介
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2017/11/13
  • メディア: 新書


編集者・文筆家の中川右介が、日本の歌謡曲の歴史に残る作詞家、阿久悠と松本隆の業績を語る。
ただし、阿久悠がナンバー1だった1975年から、ナンバー1が松本隆に交代した1981年まで。

阿久悠も松本隆も、作詞家であると同時に、プロデューサーでもあった。
歌詞によって、それぞれの歌い手のキャラクターや人生を表現しようとした。
阿久悠は70年代、山本リンダ、フィンガー5,森昌子、桜田淳子、沢田研二、ピンクレディーをプロデュースして、日本の歌謡曲を制覇した。
松本隆は、70年代後半、太田裕美の『木綿のハンカチーフ』で大ヒットを飛ばし、80年代は松田聖子をプロデュースして、阿久悠に代わって天下を取る。
この本に書かれた75~81年は、日本の歌謡曲が最も盛り上がった時期だった。
が、90年代に入ってからは力を失い、歌謡曲もアイドルも消えていった。
1961年生まれの僕は、当時14~20歳。
まさにこの盛り上がりに立ち会い、沈静化と同時に、歌謡曲から離れた。
この本に出てくる曲のほとんどがわかり、多くを口ずさむことが出来た。
僕と同年代の人にはぜひご一読を!
とにかくひたすら懐かしいですよ!
お薦めです。

今日から、キャラメルボックス俳優教室プロデュース公演『BREATH』の稽古。
10時から顔合わせと読み合わせ。
一部ダブルキャストがあるので、読み合わせを2回しました。
上演時間は、2回とも、1時間35分。
が、これは明らかにオーバー・スピード。
稽古では、1時間40分~45分を目指そうと思います。
出演する役者は全部で18人。
年齢は21歳から68歳まで。
みんなで力を合わせて、頑張ります!
nice!(2)