So-net無料ブログ作成

モネと画家たちの旅 [本]

2月21日(金)
高橋明也『モネと画家たちの旅』(西村書店)読了。

モネと画家たちの旅―フランス風景画紀行

モネと画家たちの旅―フランス風景画紀行

  • 出版社/メーカー: 西村書店
  • 発売日: 2020/02/21
  • メディア: 大型本


三菱一号館美術館館長の高橋明也が、モネを代表とする印象派画家たちの風景画と、その舞台となった実際の景色を比較し、解説する。
2007年9月~2008年3月に、ポーラ美術館で開催された展覧会「モネと画家たちの旅」の展覧会図録を書籍化したもの。

風景画と、そこに描かれた土地の写真の比較は、やっぱりおもしろい。
特に印象派は写実的に描かないので、かなり違う。
その違いがおもしろい。
実は、「写真の方がいいや」と思ったものもいくつかあった。
フランスの景色は美しい。
画家たちが描きたくなるのも当然だと思った。

本日、母校の東京学芸大学付属高校で講演会を行なってきました。
1・2年生800人を相手に、「演劇人生58年」と題して、自分の半生と、演劇の基礎知識を90分にわたって話してきました。
生徒たちは騒ぎもせず、居眠りもせずに、まじめに聞いてくれました。
僕は24期。
1年生は66期。
僕らが文化祭で始めたクラス演劇が、42年経った今でも続いているそうです。
僕の作品も、いまだにたびたび上演されるそうです。
まさに「故郷に錦を飾った」感じ。
僕を呼んでくれたOBOG会の方々に深く感謝します。
そして、温かく迎えてくださった先生方、生徒諸君にもお礼を言います。
ありがとうございました。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

ポリアモリー 複数の愛を生きる [本]

2月20日(木)
深海菊絵『ポリアモリー 複数の愛を生きる』(平凡社新書)読了。

新書777ポリアモリー 複数の愛を生きる (平凡社新書)

新書777ポリアモリー 複数の愛を生きる (平凡社新書)

  • 作者: 深海 菊絵
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2015/06/15
  • メディア: 新書


一橋大学社会学研究科博士後期課程の深海菊絵が、ポリアモリー(複数の人を本気で愛する生き方)を解説する。

「ポリアモリー」は1990年代初頭にアメリカで生まれた造語で、ギリシア語の「複数」(poly」と、ラテン語の「愛」(amor)を合体させたもの。
「オックスフォード英語辞典」では「同時に複数のパートナーと感情的に深く関わる親密な関係を築く実践。全てのパートナーの合意に基づいて、性的パートナーを同時に二人以上持つ実践」と定義されている。
深海菊絵氏はアメリカに滞在して、ポリアモリーの様々なファミリーを取材し、紹介している。
それでいろいろ実情はわかったが、共感は全くできなかった。
が、ポリアモリーの人々を否定する気はない。
一人のパートナーだけを終生愛し続けるのは難しいことだし、人は目移りしやすいものだ。
が、今の社会制度の中で、ポリアモリーを実践することは多大な困難を伴う。
だから、大抵の人は我慢する。
自分の欲望を抑える。
ポリアモリーの人々はあくまでも自分の欲望に忠実であろうとする。
そのまじめさには敬服するが、なぜそこまで自分の欲望を優先するのだろうという疑問は感じる。
もっと他にやることはないのかい?
そう思うから、僕には共感できないのだ。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

アニメビジネス完全ガイド [本]

2月18日(火)
増田弘道『アニメビジネス完全ガイド』(星海社新書)読了。

製作委員会は悪なのか? アニメビジネス完全ガイド (星海社新書)

製作委員会は悪なのか? アニメビジネス完全ガイド (星海社新書)

  • 作者: 増田 弘道
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/05/27
  • メディア: 新書


元マッドハウス代表取締役、現ビデオマーケット常勤監査役の増田弘道がアニメビジネスの現状を解説する。

2014年からアニメ産業は急激に拡大し、第四次アニメブームと言っていい状況になっているらしい。
第一次ブームは1963年、『鉄腕アトム』の放送開始。
第二次ブームは1977年、『宇宙戦艦ヤマト』劇場版の公開。
第三次ブームは1995年、『エヴァンゲリオン』の放送開始。
とすると、第四次ブームの原因は、『アナと雪の女王』と『君の名は』のおかげかと思ったが、さにあらず。
中国の爆買いだと言う。
アニメ産業の全収益の38,4パーセントは外国の買取で、その内のぶっちぎりの一位が中国らしい。
ちなみに、テレビは5,3パーセント。
映画は3,3パーセント。
ビデオは3,9パーセント。
「え?」と驚きませんか?
では、何が多いかと言うと、第一位が海外で、前述の通り38,4パーセント。
第二位が商品化(キャラクターグッズなど)で、28,1パーセント。
第三位が遊興(パチンコ・パチスロなど)で、14,4パーセント。
つまり、二次利用の方が比重が高いのだ。
しかし、出版、ゲーム、音楽が右肩下がりになる中、アニメだけが右肩上がりというのはやっぱり凄い。
アニメ産業に就職を希望する若い人はぜひとも読むべき。

銀座九劇アカデミアのワークショップ、2月29日から始まりますが、まだまだ参加者募集中です。
プロの役者を目指す人、本気でうまくなりたい人、感情解放がしたい人は、ぜひぜひご参加ください。
詳しくは、以下まで。
https://asakusa-kokono.com/academia/2020/01/id-8185/

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

聖なるもの/野田弘志画集 [本]

2月18日(火)
野田弘志『聖なるもの/野田弘志画集』(求龍堂)読了。

聖なるもの―野田弘志画集

聖なるもの―野田弘志画集

  • 作者: 野田 弘志
  • 出版社/メーカー: 求龍堂
  • 発売日: 2014/04/01
  • メディア: 大型本


日本の写実絵画の第一人者・野田弘志の画集。

野田弘志氏は、1936年、韓国全羅南道光山郡生まれ。
1945年、一家で広島県福山市に引き揚げ。
1956年、上京して、阿佐ヶ谷美術学園洋画研究所に入所し、森清治に師事。
1961年、東京芸術大学美術学部油絵科を卒業。
      東急エージェンシーにイラストレイターとして入社。
1962年、退社して、デザイン会社を設立。
1970年、画家に転向。
1983年、加賀乙彦の新聞連載小説『湿原』の挿絵を担当し、その驚異的な素描の細密さが評判となる。
1995年、広島市立大学芸術学部教授に就任。
2005年、退職し、名誉教授となる。
この本の冒頭の風景画数枚は圧倒的。
それ以降は静物画が多かったが、風景画にこそ力があると思った。
野田氏の作品は写真と見分けがつかない。
それほど細密であることも凄いが、題材の選択のセンスがとても良い。
垢抜けていてカッコイイと思った。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

泥沼スクリーン [本]

2月16日(日)
春日太一『泥沼スクリーン』(文藝春秋)読了。

泥沼スクリーン これまで観てきた映画のこと

泥沼スクリーン これまで観てきた映画のこと

  • 作者: 太一, 春日
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/12/12
  • メディア: 単行本


時代劇・映画史研究家の春日太一が、2012年6月から週刊文春に連載中のコラム「春日太一の木曜邦画劇場」の単行本化。
300本の中から93本をセレクトし、さらに洋画について書いた新作5本を「木曜ロードショー」として追加。

あくまでも春日太一氏が好きな邦画の紹介であり、作品自体の出来不出来はあまり問題になっていない。
が、いくつか気になった作品があった。
〇岡本喜八監督『血と砂』(1965年)
〇石井隆監督『夜がまた来る』(1995年)
〇塩田昭彦監督『月光の囁き』(1999年)
〇三隈研次監督『座頭市血煙り街道』(1967年)
〇杉村六郎監督『刑事物語2りんごの詩』(1983年)
徹底したエンタメ指向で、岩下志麻、南野陽子に対しては明らかにファン目線。
しかし、映画に対する激しい愛情がいっぱいで、とても楽しい本だった。


nice!(3) 
共通テーマ:演劇

そしてミランダを殺す [本]

2月15日(土)
ピーター・スワンソン『そしてミランダを殺す』(創元推理文庫)読了。

そしてミランダを殺す (創元推理文庫)

そしてミランダを殺す (創元推理文庫)

  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2018/02/21
  • メディア: 文庫


ロンドン・ヒースロー空港。
アメリカ人の若き実業家テッド・セヴァーソンは、空港のバーでリリー・キントナーという女性と出会う。
その場の勢いで、妻のミランダに浮気されたこと、殺したいと思っていることを話してしまう。
ところがリリーは、協力すると言った。
二人はボストン行きの飛行機に一緒に乗り、殺人計画を話し合う。
ミランダは新居の豪邸の建築にかかりきりで、その現場監督ブラッド・ダケットと不倫していた。
テッドはリリーに言われた通りに、ブラッドの身辺調査を開始する……。

「このミステリがすごい!」2018年度海外編の第二位。
ピーター・スワンソンはアメリカ・マサチューセッツの生まれで、2014年に『時計仕掛けの恋人』でデビュー。
『そしてミランダを殺す』は2015年の第二作。
現在、映画化の話が進んでいるらしい。
パトリシア・ハイスミスの『見知らぬ乗客』の現代版といった感じで、非常に質の高い倒叙ミステリーだった。
傑作と呼んでいいだろう。
お薦めです。

今日はアルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって』『おおきく振りかぶって/秋の大会編』ダブルヘッダー特別公演の本番2日目。
12時から『秋の大会編』のゲネプロ、17時から同作品の本番初日。
上演時間は2時間0分ちょっと。
ゲネプロはテンポが悪かったけど、本番初日は見違えるほど出来のいい芝居になりました。
原作者のひぐちアサさんが見に来てくださり、たくさん褒めてくださいました。
うちの妻と娘も観劇。
『秋の大会編』のダンスは、川崎悦子先生のお弟子さんの米花先生が振付したのですが(それを川崎先生が監修)、娘は普段、川崎先生のビートニック・スタジオで、米花先生にヒップホップを習っている。
「あのダンス、私も踊りたい!」と言っていました。
ダンスだけでなく、芝居も褒めてくれたので、とても幸せでした。
よかったよかった!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

聖なる幻獣 [本]

2月14日(金)
立川武蔵『聖なる幻獣』(集英社新書ヴィジュアル版)読了。

聖なる幻獣 <ヴィジュアル版> (集英社新書)

聖なる幻獣 <ヴィジュアル版> (集英社新書)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/12/16
  • メディア: 新書


国立民俗学博物館名誉教授の立川武蔵が、宗教や神話などに登場する聖性を帯びた架空の獣を「聖獣」と名付け、解説する。

ドラゴンやユニコーンなどの有名どころは後回しにして、アジアの聖獣を詳しく解説。
〇キールティムカ(ライオンに似た、顔と手だけの獣)
〇マカラ(ワニに似た獣)
〇キンナラ(人頭鳥身の獣、女性はキンナリー)
〇ガルダ(インド神話に登場する鳥)
表紙の写真もキールティムカで、これがキールティムカという名前であることが初めてわかった。
上記の4種は、日本国内の寺院でも見られるらしい。
写真もたくさん掲載されていたので、とても楽しめた。

アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって』『おおきく振りかぶって/秋の大会編』ダブルヘッダー特別公演。
今日は14時から『おおきく振りかぶって』のゲネプロ、19時から同作の本番初日。
ゲネプロはミスが目立ちましたが、本番初日はすばらしい出来!
上演時間は2時間3分ちょっと。
後半グイグイ盛り上がっていって、非常に熱い、感動的な芝居になりました。
キャラメルボックスの関根翔太と生田麻里菜が見に来てくれました。
明日は『おおきく振りかぶって/秋の大会編』の初日。
頑張るぞ!

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

ジョットとスクロヴェーニ礼拝堂 [本]

2月13日(木)
渡辺晋輔『ジョットとスクロヴェーニ礼拝堂』(小学館)読了。

ジョットとスクロヴェーニ礼拝堂 (Shotor Museum)

ジョットとスクロヴェーニ礼拝堂 (Shotor Museum)

  • 作者: 渡辺 晋輔
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/04/26
  • メディア: 単行本


14世紀初頭に、イタリアの画家ジョット(ジョット・ディ・ボンドーネ)が、パドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂に描いた壁画を解説する。

ジョットは1266年頃、イタリアのフィレンツェで生まれた。
チマブーエの工房で修行し、後に独立。
宗教画に立体表現と感情表現を持ち込んで、ルネッサンスの魁となった。
スクロヴェーニ礼拝堂には51の壁画があり、渡辺晋輔氏はその一つ一つを解説していく。
圧巻は、有名な『ユダの接吻』。
表紙ではその一部が拡大されているが、これだけでも凄さがわかる。
イエスもユダも、血の通った人間なのだ。
この絵はぜひとも本物が見てみたい。
でも、日本には来ないだろうから、パドヴァに行かなくちゃ……。

アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって』『おおきく振りかぶって/秋の大会編』ダブルヘッダー特別公演の仕込み4日目。
『おおきく振りかぶって/秋の大会編』の場当たり。
1200から始まって、1930に無事に終了しました。
順調順調、きわめて順調!
明日は『おおきく振りかぶって』の公開ゲネと本番初日。
油断しないで、気を引き締めて臨みたいと思います。
頑張ります!

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

ベーシックインカム [本]

2月12日(水)
井上真偽『ベーシックインカム』(集英社)読了。

ベーシックインカム

ベーシックインカム

  • 作者: 井上 真偽
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2019/10/04
  • メディア: 単行本


遺伝子操作、AI、人間強化、VR、ベーシックインカムなど、技術革新をテーマにしたSFミステリーの短編5つを収録した短編集。

井上真偽氏の本はこれが4冊目。
『その可能性はすでに考えた』『聖女の毒杯』『探偵が早すぎる』と、ハイセンスなバカミスばかり書く人だと思っていたら、なんとこの本はSFミステリー。
しかも、どの作品も質が高く、驚嘆の連続。
『目に見えない愛情』など、涙ナシでは読めなかった。
自信を持って、お薦めします。

アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって』『おおきく振りかぶって/秋の大会編』ダブルヘッダー特別公演の仕込み3日目。
『おおきく振りかぶって』の場当たりをやりました。
その後、2月14日の初日に行なわれるアフターイベントの練習。
何もかもが順調に進み、1840にすべてが終わりました。
明日は新作の場当たりなので、もう少しかかると思います。
頑張ります!


nice!(3) 
共通テーマ:演劇

のび太の月面探査記 [本]

2月11日(火)
辻村深月『のび太の月面探査記』(小学館)読了。

小説「映画 ドラえもん のび太の月面探査記」

小説「映画 ドラえもん のび太の月面探査記」

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2019/02/07
  • メディア: 単行本


テレビで「月面探査機なよたけが白い影を撮影」というニュースが流れる。
のび太はクラスで「あれは月のウサギだ!」と主張して、ジャイアンやスネ夫たちに笑われる。
家に帰ったのび太はまたまたドラえもんに泣きつく。
ドラえもんが四次元ポケットから出したのは、「異説クラブメンバーズバッジ」!
これを胸に付けて、どこでもドアを潜ると、月面にウサギたちかいた!

辻村深月さんの本はこれが33冊目。
ドラえもんのアニメ映画の原作として書かれたので、辻村さんの小説というよりも、まさにドラえもん小説!
押さえるべきツボがすべて押さえてあって、さすがは辻村さんと唸った。
最後のどんでん返しは、子どもにはちょっと難しいかもしれない。
だからこそ、読み応えがあって、楽しめた。

今日は14時からこまばアゴラで「ロロ」の『四角い2つのさみしい窓』を見てきました。
若い劇団の芝居を見て勉強を、と思ったのですが、58歳の僕にはどこがおもしろいのか全くわかりませんでした。
残念。
続いて、18時から吉祥寺シアターで「青年団」の『東京ノート/インターナショナルバージョン』を見てきました。
キャラメルボックスの多田直人が出演しているのです。
『東京ノート』は10年以上前に一度見ているのですが、今回はその時よりずっと楽しめた。
日本語の他に、英語、ロシア語、タガログ語、タイ語、韓国語、中国語(台湾)が飛び交い、まさにインターナショナル!
パズルを解くような楽しさがありました。
多田の出番は少しでしたが、十分満足しました。
『東京ノート/インターナショナルバージョン』は2月16日まで。
『東京ノート(通常バージョン)』は2月19日から3月1日までで、こちらにも多田は出演します。
俳優志望者はもちろん、演劇が好きな人すべてにお薦めします!

nice!(3) 
共通テーマ:演劇