So-net無料ブログ作成

人工知能と経済の未来 [本]

9月21日(土)
井上智洋『人工知能と経済の未来』(文春新書)読了。

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)

  • 作者: 井上 智洋
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/07/21
  • メディア: 新書


駒澤大学経済学部准教授の井上智洋が、人工知能の発達による近未来の経済の変動を予測する。

現在のAI(人工知能)は、一種目に特化したものだが、汎用AIが開発されると、その能力は人間を越えるため、人間の雇用にとってかわるようになる。
それがおそらく2030年からで、第四次産業革命の元年となる。
2045年、人間の90パーセントは、仕事を失う。
その時、社会はどのように変わるべきなのか?
遠い未来のように感じられるが、2030年はわずか11年後、2045年は26年後に過ぎない。
すぐそこまで迫っているのだ。
人類誕生以来、最大の変化がまもなく訪れる。
楽しみなような、恐ろしいような。
まずはこの本を読んで、心構えをしておこう。
お薦めです。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

nice! 3