SSブログ

N [本]

5月2日(月)
道尾秀介『N』(集英社)読了。

N (集英社文芸単行本)

N (集英社文芸単行本)

  • 作者: 道尾秀介
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2021/10/05
  • メディア: Kindle版


ミステリー作家・道尾秀介の、短編6つから成る連作短編集。

道尾秀介氏の本はこれが28冊目。
巻頭に、短編6つをどの順番で読んでもよいとあり、それぞれの冒頭1ページが紹介されていた。
で、奇数番目の作品は上下逆に印刷されていた。
1作目『名のない毒液と花』は上下逆なので、78ページから始まり、14ページで終わった。
で、2作目の『落ちない魔球と鳥』は81ページから始まり、139ページで終わった。
僕は順番通りに読んだが、確かに順番を変えても大丈夫だし、変えれば別の楽しみ方ができると思った。
が、普通に印刷してもそれは可能だし、奇数番目の作品が上下逆に印刷されていたことで、読書の中断・再開の際に何度も本の開き方を迷った。
あまり意味のない工夫だったと思う。
とは言え、中身はサプライズに満ち溢れていて、とても楽しめた。

辻村深月シアター『かがみの孤城』『ぼくのメジャースプーン』の稽古25日目。
12時より、2作品の衣裳合わせ。
膨大な点数でしたが、ほとんどNGがなく、1時間15分ほどで終わりました。
その後は、『かがみの孤城』の稽古10日目。
ダンス返し、12場の動き付け。
その後は、1場、1・2場、2・3場というふうに、尻取り形式で進めていく「尻取り稽古」で、6・7場までやりました。
19時より、ヘアメイクの打ち合わせ。
2作品の登場人物全員の髪型を決めました。
稽古も5週目に入り、いよいよ本番が近づいてきたという感じ。
さらに頑張ります。
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

マンガ認知症 [本]

5月1日(日)
ニコ・ニコルソン+佐藤眞一『マンガ認知症』(ちくま新書)読了。

マンガ 認知症 (ちくま新書)

マンガ 認知症 (ちくま新書)

  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2020/06/09
  • メディア: 新書


マンガ家のニコ・ニコルソンと、大阪大学大学院人間科学研究科臨床死生学・老年行動学研究分野教授の佐藤眞一が、認知症の実態を解説する。

ニコ・ニコルソンは日本人のマンガ家で、東日本大震災で全壊した実家をこ建て直すまでの道のりを描いたコミックエッセイ『ナガサレールイエタテール』で名を挙げた人。
この本でも、実のおばあさんと、自分と、お母さんを題材にしたマンガを描き、それを佐藤眞一氏が文章で補足・解説する。
ニコ氏の絵、お世辞にもうまいとは言えないが、センスが良くて、おもしろかった。
認知症の入門書として最適な本。
お薦めです。

キャラメルボックスの岡田さつきから、私の還暦祝いということで、黒毛和牛が送られてきました。
で、今夜は家族4人で焼肉。
実は4人とも焼肉が得意ではないのですが、さすがは黒毛和牛で、おいしくいただくことができました。
岡田さつきさん、どうもありがとう!
nice!(1) 
共通テーマ:演劇

かか [本]

4月30日(土)
宇佐見りん『かか』(河出書房新社)読了。

かか (河出文庫)

かか (河出文庫)

  • 作者: 宇佐見りん
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2022/04/26
  • メディア: Kindle版


うーちゃんは19歳の浪人生。
母親の「かか」が、離婚を機に徐々に心を病み、酒を飲んでは暴れることを繰り返すようになった。
祖母はボケ始め、同居している従姉の明子は勝手気ままに暮らす。
「かか」の世話に疲れたうーちゃんは、一人で熊野詣に出かけるが‥‥。

宇佐見りんは1999年、静岡県沼津市生まれ。
2019年、『かか』で文藝賞を受賞してデビュー。同作で三島由紀夫賞を最年少で受賞。
2021年、『推し、燃ゆ』で第164回芥川賞を受賞。
綿矢りさ、金原ひとみに次ぐ、史上3番目の若さでの受賞だった。
『推し、燃ゆ』がおもしろかったので、この『かか』も読んでみたのだが、僕には全くついていけなかった。
主人公の「うーちゃん」が弟に話しかける、というスタイルなのだが、「うーちゃん」のヘンテコな方言がひたすら読みにくく、読み通すのが辛かった。
テーマはまたしても現代女性の狂気。
いかにも三島賞を取りそうな感じ。

午前は今年17回目のジョギング。
3,5キロ走って、1,1キロ歩いて、1,9キロ走りました。
3,5キロのタイムは、19分23秒。
前回より15秒は短縮できたと思ったのに、実際はたったの1秒。
でも、今年2番目の記録になりました。
午後は、辻村深月シアター『かがみの孤城』『ぼくのメジャースプーン』の稽古24日目。
ダンス振付の4回目。
今日も、川崎悦子先生のアシスタントの本多さんが来て、振付の修正と振り固めをしてくださいました。
『かがみの孤城』は1時間で終了。
『ぼくのメジャースプーン』はいろいろ修正したので3時間かかりましたが、何とか終了。
後はひたすら繰り返すのみです。
頑張ります。
nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ハリウッド白熱教室 [本]

4月29日(金)
ドリュー・キャスパー『ハリウッド白熱教室』(大和書房)読了。

ハリウッド白熱教室

ハリウッド白熱教室

  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2015/01/22
  • メディア: 単行本


南カリフォルニア大学映画芸術学部の教授ドリュー・キャスパーが、NHKの番組制作班のために行った全5回の特別講義。
テーマは「映画入門」で、脚本、ビジュアル・デザイン、撮影、編集、音響効果の5つの切り口で、ハリウッド映画を解説する。

ドリュー・キャスパー教授は、学生たちにガンガン質問していくことで、講義を進めていく。
学生たちとの丁々発止のやり取りがおもしろく、一気に読めた。
彼はアルフレッド・ヒッチコック監督の研究者で、映画評論家でもあるらしい。
マスコミでも活躍しているらしい。
映画の基礎を学ぶのに最適な本。
お薦めです。

辻村深月シアター『かがみの孤城』『ぼくのメジャースプーン』の稽古23日目。
『ぼくのメジャースプーン』の9日目。
9・10・11・12場の動き付けをしました。
時間が余ったので、最後に9~12場を通しました。
これで、『ぼくのメジャースプーン』の動き付けは完了。
後はブラッシュアップしていくのみです。
頑張ります。
nice!(2) 
共通テーマ:演劇

黄色い夜 [本]

4月28日(木)
宮内悠介『黄色い夜』(集英社)読了。

黄色い夜

黄色い夜

  • 作者: 宮内 悠介
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2020/07/03
  • メディア: 単行本


東アフリカE国。
龍一ことルイは、そこで知り合ったイタリア人の男ピアッサと共にE国へ潜入した。
E国の収入源は主にカジノ。
2人は、無数のカジノが入った、巨大な螺旋状の塔に入っていく。
ルイの目的は、ギャンブルに勝って、E国を乗っ取ること。
ピアッサと組んで、イカサマで勝利を狙ったが‥‥。

宮内悠介氏の本はこれが12冊目。
若い頃に書いた短編を、中編にリライトしたものらしい。
あまりにも荒唐無稽だし、僕はギャンブルが苦手なので、全くついていけなかった。
残念。

辻村深月シアター『かがみの孤城』『ぼくのメジャースプーン』の稽古22日目。
『かがみの孤城』の稽古9日目。
8・9・10・11場の動き付けをしました。
時間が余ったので、最後に8~11場を通しました。
いろいろミスはありましたが、何とか無事に通すことができました。
出ずっぱりの田野優花さん、頑張っています。
声が良くて、ダンスがうまくて、もちろん演技も達者で、非常に頼もしいヒロインです。
nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ねずみのへやもありません [本]

4月27日(水)
カイル・ミューバーン『ねずみのへやもありません』(岩崎書店)読了。

ねずみのへやもありません

ねずみのへやもありません

  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2011/06/28
  • メディア: 単行本


リビー・グリーソン『エイミーとルイス』(岩崎書店)読了。

エイミーとルイス

エイミーとルイス

  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2011/04/29
  • メディア: ハードカバー


2作ともオーストラリアの絵本で、絵はフレヤ・ブラックウッド。
翻訳は、角田光代。
フレヤ・ブラックウッドの絵がすっきりしていて、優しくて、すばらしい。
1975年生まれの、オーストラリアの絵本作家。
2作とも気に入った。

辻村深月シアター『かがみの孤城』『ぼくのメジャースプーン』の稽古21日目。
に『ぼくのメジャースプーン』の稽古8日目。
原作者の辻村深月さんが見学にいらっしゃいました。
たくさんのお褒めの言葉、励ましの言葉をいただき、感激しました。
気を引き締めて、後半戦も頑張ろうと思いました。
nice!(2) 
共通テーマ:演劇

トリセツ・カラダ [本]

4月26日(火)
海堂尊『トリセツ・カラダ』(宝島社新書)読了。

トリセツ・カラダ カラダ地図を描こう (宝島社新書)

トリセツ・カラダ カラダ地図を描こう (宝島社新書)

  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2019/06/27
  • メディア: 新書


小説家で、元外科医の海堂尊による、人間の身体のトリセツ。
イラストはヨシタケシンスケ。

2009年に出版され、13万部のベストセラーとなった本の新書版。
帯に「小学生でもたちまちわかる」書いてあるが、それは相当賢い小学生の話で、内容的には中学生向けだと思う。
イラストが多く、それがまたコミカルで、センスがいいので、とても楽しめた。
お薦めです。

辻村深月シアター『かがみの孤城』『ぼくのメジャースプーン』の稽古20日目。
『かがみの孤城』の稽古8日目。
4・5・6・7場の動き付けをしました。
順調に進み、時間が余ったので、最後に4~7場を通しました。
この復習のおかげで、みんなの頭にしっかり入ったと思います。
同じ建物の別のスタジオで、ラッパ屋さんが稽古していたので、覗きに行きました。
福本伸一がいたので、挨拶しました。
再オープンした新宿シアタートップスで、リーディング公演をするそうです。
nice!(2) 
共通テーマ:演劇

残照の頂/続・山女日記 [本]

4月25日(月)
湊かなえ『残照の頂/続・山女日記』(幻冬舎)読了。

残照の頂 続・山女日記

残照の頂 続・山女日記

  • 作者: 湊 かなえ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2021/11/11
  • メディア: ハードカバー


谷崎綾子は65歳、喫茶店「GORYU」の経営者。
店に乳製品を納入している、極北乳業の麻美子・42歳と、北アルプスの五竜岳に登る。
綾子が雇った登山ガイドは、山根岳人という男で、世界的に有名な写真家でもあった。
3人は65歳の綾子の足に合わせて、ゆっくりと登り始めた‥‥。

湊かなえ氏の本はこれが26冊目。
タイトル通り、『山女日記』の続編。
「山に登る女性」を主人公にした短編4つを収録した短編集。
登山の描写が本当にリアルで、自分も登った気になれた。
お薦めです。

山女日記 (幻冬舎文庫)

山女日記 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 湊かなえ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2021/11/11
  • メディア: Kindle版


辻村深月シアター『かがみの孤城』『ぼくのメジャースプーン』の稽古19日目。
『かがみの孤城』の7日目。
1・2・3・4場の動き付けをしました。
パンフレットの写真の撮影で、開始時間が遅くなったので、4場の前半が付いたところで、時間切れ。
続きは明日となりました。
今回は二本立てのため、稽古は6週間。
今日から4週目、すなわち後半戦に突入したわけです。
進み具合は非常に順調。
後半戦も頑張ります。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

薔薇のなかの蛇 [本]

4月24日(日)
恩田陸『薔薇のなかの蛇』(講談社)読了。

薔薇のなかの蛇

薔薇のなかの蛇

  • 作者: 恩田陸
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2021/05/25
  • メディア: Kindle版


イギリス。
アーサー・レミントンは貴族の長男。
父の誕生日の2日前、父の招集受けて、実家のブラックローズハウスに向かう。
弟のデイブ、妹のアリスとエミリアもやってくる。
父は一族を全員を集めて、家宝「聖杯」を披露するつもりらしい。
考古学者のアリスは、友人を連れてきていた。
美術の研究者で、日本人のリセ・ミズノという女性だった‥‥。

恩田陸氏の本はこれが66冊目。
長編4作、短編3作が書かれた「理瀬」シリーズの17年ぶりの新作。
ではあるが、僕はこのシリーズがあまり好みではないので、これも楽しめなかった。
フィクション性が強すぎて、またあまりにもライトで、乗れないのだ。
残念。

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/07/13
  • メディア: 文庫



麦の海に沈む果実 (講談社文庫)

麦の海に沈む果実 (講談社文庫)

  • 作者: 恩田陸
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/06/12
  • メディア: Kindle版



黄昏の百合の骨 (講談社文庫)

黄昏の百合の骨 (講談社文庫)

  • 作者: 恩田陸
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/06/12
  • メディア: Kindle版



nice!(2) 
共通テーマ:演劇

米澤屋書店 [本]

4月23日(土)
米澤穂信『米澤屋書店』(文藝春秋)読了。

米澤屋書店 (文春e-book)

米澤屋書店 (文春e-book)

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2021/11/10
  • メディア: Kindle版


ミステリー作家・米澤穂信の書評集。
柚木麻子、麻耶雄高、有栖川有栖、浅井リョウとの対談も収録。

一番尊敬する作家は、泡坂妻夫。
連城三紀彦、山田風太郎、綾辻行人、北村薫、陳舜臣などのファンでもある。
どの作家も、秀逸な仕掛けと、優れた文章を兼ね備えた人たち。
米澤氏の目指す方向がよくわかった。
米澤ファンは必読。

午前は今年17回目のジョギング。
3,5キロ走って、1,1キロ歩いて、1,9キロ走りました。
3,5キロのタイムは、19分24秒。
前回より5秒短縮して、今年2番目の記録でした。
午後は、辻村深月シアター『かがみの孤城』『ぼくのメジャースプーン』の稽古18日目。
ダンス振付の3回目。
川崎悦子先生は欠席で、助手の本多さんが既に振り付けた3曲の復習と、残りの1曲の振付をしてくれました。
4曲目もプランは川崎先生で、次回、先生が来て、仕上げをしてくれる予定。
どれもおもしろいです。
お楽しみに!
nice!(2) 
共通テーマ:演劇